RED SEED|次世代オイルレッドシード|JPマテリアル - OVER THE TOP BOOST -

MOTOR OIL

FOLLOW US
facebook
twitter

The 100% Japan made motor oil that evolves Japanese spirit.

HISTORY

ヒストリー

HOME  >  HISTORY
image
TOP

HISTORY OF RED SEED

RED SEEDモーターオイルは、多くの自動車関連企業が拠点を置く愛知県で誕生しました。工場では毎日のようにエンジンのオーバーホール作業が行なわれ、特に、ロータリーエンジン搭載車が頻繁に整備に持ち込まれていました。

発熱量がレシプロエンジンのの3倍にもなるロータリーエンジンは、熱せん断を起こしやすく、これに完全に適合する市販オイルも販売されていませんでした。弊社はこれに着目し、「耐熱性能が高いモーターオイルを創れないか?」

これが「RED SEED」モーターオイルの開発の始まりでした。

その後、航空ジェットエンジンに使用される成分を自動車用に配合することに成功し、熱に強く油性能変化が起こりにくいオイルを完成。さらに、低粘度オイル0W-30をライトウェイトスポーツ用にに進化させ、モータースポーツオイルに新しい風を送り込みました。

RED SEEDは国内に留まらず、クリーンディーゼルが主体の韓国でも、クリーンディーゼルの高圧縮高温から確実にエンジンをプロテクトして、韓国のクルマファンに高性能ぶりを見せつけました。

株式会社 JPマテリアルは、今後も、様々な用途に使用できる化学合成オイルの研究開発を継続し「RED SEED」FANの拡大に尽力してまいります。

RED SEED motor oil was born in Aichi prefecture, where many automobile-related companies based. Engines were overhauled day after day in the factory. In particular, the rotary engine equipped vehicles had been brought into frequent maintenance.

The amount of heat generation of the rotary engine will become three times the reciprocating engine, easily causing heat shearing, but there was no commercial oil available which is fully compatible to this condition.

JP MATERIAL focused on this point; “Can’t we make the high heat performance motor oil?”

This is the beginning of the development of “RED SEED” motor oil.

Thereafter, we proceeded on the research and development of the high heat resistant performance oil and succeeded in formulating the ingredients used in air jet engines for automobiles. The oil “RED SEED” was born, withstands extreme heat and unlikely to cause change in oil performance.

This oil performance has evolved the low-viscosity oil 0W-30 for lightweight sports oil. Not only in Japan, “RED SEED” has now become the popular motor oil among the people in Korea and Taiwan. Still, we continue the research and development of synthetic oil for various applications.